旬の食材で身体の中から美しく〜9月〜

【名  前】田中 知里 (たなか ちさと)

【生年月日】昭和52年5月9日

【居 住 地】北海道

【技  術】モンテセラピー・プロボディデザイン・メリディアンデザイン

オーナーエステティシャン

はじめまして。
そして読んで下さっている読者様、こんにちは。
たくさんのブログの中から、こうしてここに来て下さりありがとうございます。
オーナーエステティシャンの田中知里です。

皆様にご好評をいただいております、エステサロン花〜HANA〜ですが、この度「ハピネスエグゼ」に名称変更いたしました。
また、8月14日より、店舗営業は大阪の豊中店のみとさせていただいておりますが、今まで以上の御満足を皆様に体験いただけるよう、頑張って参りますので、引き続きどうぞよろしくお願いいたします。

秋は、食欲の秋だけではなく「美容の秋」でもあることをご存知でしょうか。旬の食材は、美容に効果的である上に、身体を元気にさせるためにも効果的ですよ。今回は、旬の食材を食べるメリットと、美肌効果の高い秋食材をご紹介します。
旬の食材を食べるメリットとして、まずは高い栄養価があります。「旬」の時期に食べるというのがポイント。旬の時期は、旬ではない時期に比べて、多くの野菜の栄養価が高くなります。同じ野菜を食べるなら、栄養はたっぷと吸収したいですよね。
また、旬の野菜は味が濃くなるのも嬉しいポイントです。旬の時期にお野菜を食べると、香りやうまみもいつもより楽しめますし、味も濃く素材の味を楽しめるので、少なめの調味料で調理できます。塩分や糖分の摂り過ぎを抑えることができますので、健康面にも良いですよね。秋の食材は、ビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富ですし、夏の間に溜まった疲れを取り、冬に備えた身体作りをするお手伝いをしてくれると言われています。秋の食材でエネルギーを蓄え、寒い冬も健康的に乗り切りましょうね。旬の食材は身体にいい栄養素をタップリ含んでいますので、是非これを機会にいろんなお料理で試してみて下さいね。

⒈ブロッコリー
美肌には欠かせないビタミンA、C、Bが豊富なブロッコリーも、秋が旬の時期なんですよ。意外ですね。夏場のダメージで、シミが目立ってくる時期である秋は、まずは肌の調子を整えていきたいですが、そのためには、ビタミンが豊富なブロッコリーがおすすめです。ブロッコリーにはミネラル分も多く含まれているため、脂肪を燃焼させたり基礎代謝をあげたりする効果もあります。ダイエットをしている方にもおすすめの旬野菜です。

⒉さつまいも
さつまいもも、美肌に良いと言われる成分がたっぷり含まれています。例えば、ビタミンEです。さつまいもは、いも類のなかではビタミンが多く含まれています。ビタミンEは老化防止のビタミンとしても知られていますよね。肌を若々しい状態に保ってくれますよ。
また、さつまいもの食物繊維もポイントです。腸のなかに老廃物が溜まってしまうと、腸内環境が悪くなってしまいます。腸内環境を健康に保つことは、肌をきれいに保つためには必須です。腸内環境の荒れによる肌荒れを防ぐために、さつまいもの食物繊維で腸内環境を健康に保ちたいですね。

⒊ニンジン
ニンジンは、ご存知の通りβ- カロテンを多く含んでいる食材です。抗酸化作用があるため、お肌のアンチエイジング効果が期待できます。夏場の紫外線によって発生した活性酸素を抑制したり除去したりする働きがあるのですよ。また、β- カロテンは必要に応じで身体の中でビタミンAに変化してくれる万能食材でもあります。ビタミンAに変化すると、皮膚を健康に保ち、新陳代謝を高める働きをしてくれますので、肌荒れや乾燥肌、ニキビにお悩みの方にも積極的に取り入れていただきたい食材です。

お野菜は組み合わせによってさらに栄養素を吸収しやすくなりますのでお料理にも気をつけたいですね。例えば、さつまいもは、緑黄色野菜と一緒に合わせて摂ることで、ビタミンC、E、β-カロテンが揃うことになります。これらは三大抗酸化ビタミンといって、活性酸素の働きを抑えてくれる強い味方です。活性酸素を抑えることでお肌の老化防止になりますよね。このように、相性の良い食材と一緒に料理をすることで、さらに食事から美しくなることができますよ。お料理をされる際には組み合わせも考えてみてはいかがでしょうか。

⒋秋刀魚
秋の味覚と言えば?と聞かれれば、「さんま」という答えが思い浮かびませんか?秋の食材人気NO.1のさんまには美容効果がたっぷり含まれているんです。
①ビタミン類
美肌に欠かせない栄養素が”ビタミン”。特にさんまの皮にはビタミンBがたくさん含まれています。
②鉄分
鉄分不足はシミ・シワの原因になります。また鉄分はコラーゲンを作るうえで重要な栄養素で、コラーゲンの吸収を促す働きがあります。日常的に摂取したい栄養素です。
③EPA、DHA
さんまに含まれるEPAやDHAといった必須脂肪酸は血行を促進する効果があり、血行が良くなると、肌のキメ、肌荒れ、くすみを改善してくれます!またDHAには、老廃物の排出を促し、善玉コレステロールを増やす働きもあります。そのため脳の老化を防ぐ効果もあり、肌だけでなく脳のアンチエイジング効果も期待できます。
④レチノール
さんまのわたの部分にはレチノールという栄養が多く含まれています。レチノールは、新しい細胞の形成を促す作用、肌の乾燥を防いで、シワの予防・改善に役立ちます。またコラーゲンを増やす効果もあるので、わたの部分も残さず食べたいものですね。新鮮なさんまのわたは食べられますので、もし大丈夫!という方はぜひ食べてみてください。

⒌柿
そろそろ旬を迎える柿。市場に出回るのは10月ごろですが、実は9月中旬から収穫され始める9月が旬の果物です。柿も美容には大変効果のある果物ですのでぜひ日常のお食事に取り入れてみてくださいね。
①ビタミンC
柿にはミカンの2倍以上のビタミンCが含まれているのをご存知でしたか?ビタミンCは、コラーゲンを作る助けをしてくれたり、肌のハリ、潤い、シミを改善してくれたり、沈着したメラニンを白色にし美白の効果もあります。さらに免疫力を高めたり、ストレスを緩和してくれる働きもあり、万能な栄養素です。美味しい柿を食べるだけでこんな万能な栄養素が取れるんですから食さない手はありませんよね。
②ポリフェノール
ポリフェノールは、抗酸化作用があり、アンチエイジングの効果があります。ワインで有名なポリフェノールですが、なんと柿にはぶどうの5倍のポリフェノールが含まれているんですよ。ワインが飲めない方でも柿を食べればワインより多くのポリフェノールを摂取できますね。
③カリウム
柿には、カリウムも含まれているため、利尿作用があり、体内の余分な塩分を外に排出する効果があります。そのため、むくみにも効果的です。むくみを放っておくと、溜まった老廃物と合体して脂肪になってしまいますので是非排出したいですよね。
④ タンニン
二日酔いに効果的なタンニン。柿に含まれているタンニンがアセトアルデヒドやアルコールを体外へ排出する助けをしてくれます。飲みすぎたという日は柿を食べてみるのもいいかもしれませんね。

体内のメンテナンスはご自身の日々の食生活でなんとかなりますが、折角頑張っていらっしゃるのであれば、同時に外側のボディメイクもしっかり行いたいですよね。普段頑張っているご自身へのご褒美に、是非当店の極上のボディラインが手に入る施術を受けていただければ嬉しいです。
「即効で」「効果が持続して」「カラダに負担をかけない」技術が最高のバランスで合わさったメリディアンデザインを受けることができるのは全国でもここだけですよ。
体験いただいた方からは「まるで整形したみたい!」という嬉しいご感想もいただいております。

【体験セット内容】
エステ60分+メタセラピー60分
【料金】
12,000円+税
※問合せは直接お電話ください。

プロの手で120分で魅力的なボディラインを手に入れてみませんか。内側からも外側からも美しくなれる当サロンの施術を是非お試しください。

皆様のご予約、お問い合わせを心よりお待ちしております。

関連記事

  1. 美容と食事
  2. リラックス効果
  3. 旬の野菜や果物で体の中から美しく
  4. 夏野菜
  5. 美容イメージ
  6. 海と女性
PAGE TOP