旬の野菜や果物で身体のの中から美しく〜6月〜

オーナーエステティシャン

【名  前】田中 知里 (たなか ちさと)

【生年月日】昭和52年5月9日

 【居住地】北海道

【技  術】モンテセラピー・プロボディデザイン・メリディアンデザイン

メッセージ

はじめまして。
そしていつも読んで下さっている読者様、こんにちは。
たくさんのブログの中から、こうしてここに来て下さり
ありがとうございます。 

エステサロン花 のオーナーエステティシャンの田中です。

旬の野菜や果物を使ったフレッシュジュースやサラダで、毎日のストレス社会で疲れた身体を癒しましょう。

昔の人は、四季の変化を肌で楽しんでいました。自然の流れに合わせ、季節の食材を選ぶ事で意識せずとも人間が本来持つバイオリズムが整えられる食生活をしておました。

私たちがスーパーで見ている野菜や果物には「旬」があります。

人は旬の食材を食することで、食材が持つ本来の栄養や美味しさを感じると同時に、たくさんの元気をもらっています。

輸入物もしくはビニルハウスで作られた野菜や果物が増えて、年中同じようなラインナップのスーパーですが、できるだけ旬の野菜や果物を意識して食べるようにしましょう。

6月の旬の野菜や果物で、なおかつ美容に効果的な栄養素が特に含まれている為、私が注目するのは

春菊、きゅうり、たまねぎ、トマト、なす、オクラです。 

【春菊】

春菊にはたくさんの栄養素が含まれていて消化の吸収をよくしてくれたり、

ガン予防そして風邪予防や便秘にも効果があります。

骨を丈夫にもしてくれます。

ぜひサラダやお鍋なんかに入れて食べてみてください。

【きゅうり】

きゅうりはむくみに効果があります。

水分をたくさん含んでいるので利尿作用があり、

身体の中の老廃物を外に出してくれる働きがあります。

スティックにしてノンオイルドレッシングをつけて食べても美味しいですし、

梅肉和えにしたら梅のアミノ酸と相乗効果で疲労回復にぴったり。

ただ塩やマヨネーズをたっぷり付けて食べると、カロリーや塩分の過剰摂取となってしまいますので気を付けましょう。


【たまねぎ】

玉ねぎには血行促進、血液をサラサラにしてくれる働きや

疲労回復などにも効果があります。

サラダにするなら、スライスしてそのまま食べると刺激が強いので必ず水に晒しましょう。

スライスしてオニオンスープにしたら、体を温めで免疫を、より高める事ができます。


【トマト】

トマトにはリコピンという成分が豊富に含まれていて、この栄養素は美白効果、しわやたるみなどを防いでくれる効果があります。

サラダやスープ、ジュースなどにしてもいいかもしれません。

ただ、スーパーでトマトジュースを買うときは必ず、裏の表記を見て無塩のものを選びましょう。

普通のトマトジュースは塩分がかなり入っているので毎日大量に飲むと、塩分の過剰摂取になります。

コップ一杯ほどで十分なリコピンを取ることができます。 取るタイミングは夜がおすすめ。

ダイエットにも効果的なのでダイエット中の人はぜひトマトを取り入れてみてください。

でも、もっと短期間で美しいシルエットのボディラインを作りたいという方には日本中で当店エステしか施術できない「メリディアンデザイン」がおすすめです

・速攻くびれ
・劇的変化
・メリハリボディ
・くびれメイク

など女性本来の美しい曲線美を「一瞬で」作りだす、メリディアンデザインを一度体験してみたい方は、こちらのお店で驚きの効果を体験できます。

関連記事

  1. 肌トラブル
  2. リラックス効果
  3. ウエストを測る女性
  4. 泡だてて身体を洗う
  5. 肌を気にする女性
  6. トイレットペーパー
PAGE TOP